一般財団法人 北海道難病連

現在の位置: トップページ > 全国の情報 > 学生無年金障害者訴訟 判決日は2007年3月30日(金)15:50〜

トップページへ戻る


全国の情報学生無年金障害者訴訟 判決日は2007年3月30日(金)15:50〜

第5回控訴審・結審総括集会

▼声明

北海道・無年金障害者をなくす会は1998年の結成以来、障害基礎年金の支給を求めて長く困難な運動を続けております。

2001年、北海道内の障害者4名が障害年金の支給を求めて札幌地裁に提訴し、20数回に及ぶ裁判を重ねてきました。しかし2005年7月4日、「社会保障立法に際しての立法府の裁量を逸脱するものではなく、違憲とまでは評価できない」として、原告らの請求を全面的に斥ける「不当判決」が言い渡され、私たちの切実なる声は無惨にもかき消される結果となりました。

原告らは直ちに控訴して、控訴審の判断を求めるとともに、学生無年金問題の解決に向けて、国に対して必要な立法措置を講ずるよう求めていく決意をしました。

本日、札幌高裁にて第5回控訴審がとりおこなわれ本審理をもって結審となりました。これまでの成果や多くの方々からのご支援・ご尽力は決して無駄にできるものではありません。わたしたち北海道・無年金障害者をなくす会は札幌高裁に対し公正な判決を求めます。

2001年以降、全国9地裁で起こした同種の訴訟は、本年11月29日に東京高裁における勝訴が記憶に新しいところですが、本年10月広島、東京の両高裁において敗訴の判決が出されるなど、学生無年金障害者問題の解決には未だ至っていないのが現状です。

私たちの運動が大きな波となり、全ての無年金障害者の救済に、ひいてはわが国の社会保障の一層の充実へとつながることを切に願います。

2006年(平成18年)12月8日

北海道・無年金障害者をなくす会

学生無年金障害者訴訟(札幌)原告団

学生無年金障害者訴訟札幌弁護団

激励集会

(写真:激励集会)

結審総括集会

(写真:結審総括集会)

判決日は2007年3月30日(金)15:50〜

※PDF形式のファイルは、Adobe Reader(アクロバットリーダー)で見ることが出来ます。アクロバットリーダーはこちらよりダウンロードが出来ます

このページのメニュー

全国の情報
全国難病センター研究会
日本難病・疾病団体協議会
難病対策
小児慢性疾患
医療被害・薬害など
無年金障害者問題
難病患者の就労問題
社会保障
その他

ページの上部へ移動▲