一般財団法人 北海道難病連

現在の位置: トップページ > 難病連の紹介

トップページへ戻る


北海道難病連の紹介一般財団法人北海道難病連とはこんな団体です

1972年(昭和47年)、全国筋無力症友の会北海道支部などの4団体のよびかけによって準備がすすめられ、1973年(昭和48年)2月、10団体(1,100家族)によって北海道難病団体連絡協議会として発足し、1982年(昭和57年)12月に財団法人北海道難病連、2014年(平成26年)4月に 一般財団法人北海道難病連へと移行しました。

現在は31疾病団体、19地域団体で10,000家族の団体となっています。全国組織としては、一般社団法人日本難病・疾病団体協議会(79団体・30万人)に加盟しています。

事業としては次のようなものを行っています。


北海道難病連の主な事業

「原因の究明、治療法の確立を」「はげましあい、たすけあう難病連」「私たちの住んでいる地域の医療、地域の福祉、地域の活動を」を合言葉に「難病患者・障害者・高齢者が安心して暮らせる社会の実現」を願って活動をすすめています。

▼難病に関するご相談について
お電話・FAX・お手紙・ご来所(予約が必要)などの方法で、難病に関するご相談をお受けいたします。
〒064‐8506
札幌市中央区南4条西10丁目 北海道難病センター
電話:011‐512‐3233
FAX:011‐512‐4807
受付:月曜から金曜の10時から17時まで(土曜・日曜・祝日はお休みです)

このページのメニュー

難病連の紹介
設立趣意書(PDF)
定款(PDF)
法人役員名簿
情報公開

ページの上部へ移動▲