一般財団法人 北海道難病連

現在の位置: トップページ > 加盟疾病団体と地域団体 > 南桧山支部


加盟疾病団体と地域団体南桧山支部

■事務局

支部長 宮崎佳子(筋ジストロフィー協会)
事務局長 片石久美子(肝炎友の会)
事務局 桧山郡江差町字茂尻町199‐1 (片石方)
電話・FAX 0139‐52‐4334

■行事情報(0件)

■地域支部の紹介

南桧山支部は、1978年リウマチ患者を中心に北海道難病患者の友の会として、発足しました。最初は自分の病気の事も良く理解できていない、病名もわからない、南桧山の病気の人達の様子を把握するのに、10数年の間に、10回の無料検診を続けました。

7町で約700名の患者さんがいる事を知りました。当時は90名の会員さんがおりましたが、現在は50名位にまで減りました。なかなか会員を増やすことができず苦労しています。

 2005年には、熊石が八雲と合併し、大成が北桧山になっています。現在の南桧山は、江差、厚沢部、上ノ国、乙部、奥尻の5町です。独自のとりくみは、なかなか実行できませんが事務局よりのおたよりを年3回発行し、会員さんとのつながりを続けていきたいと思っています。

難病患者にとってきびしい社会状況になっていますが、会員・家族、そして、地域が支えあって、協力しあって、活動できることを、目標に頑張っている南桧山支部です。

このページのメニュー

加盟疾病団体と地域団体

ページの上部へ移動▲

加盟疾病団体と地域団体トップへ戻る▲