一般財団法人 北海道難病連

現在の位置: トップページ > 加盟疾病団体と地域団体 > 厚岸・浜中支部


加盟疾病団体と地域団体厚岸・浜中支部

■事務局

支部長 谷口 弘(リウマチ友の会)
事務局長 山田澄子(肝炎友の会)
事務局 厚岸郡厚岸町山の手2丁目70(山田方)
電話・FAX 0153‐52‐7078

■行事情報(0件)

■地域支部の紹介

厚岸・浜中支部は、1978年、厚岸町と隣接の浜中町とで14名の仲間で歩み始め結成から早30年の歳月が経ちました。翌年の79年には、「今日一日太陽の下で遊びませんか?」と呼びかけて、釧路地区合同レクリエーションを開催し、患者、家族、ボランティアを合わせ500余名が青空のもと、集い、日頃外出の機会の無い仲間が交流しました。

支部のこれまでの活動の歩みとして、80年の全道統一要求とした町立厚岸病院での人工透析実施の成果や通院交通費の助成制度の実施。82年には、難病無料検診会を浜中町で実施し71名が受診、その後も隔年で両町の病院を会場とするご協力で継続実施。

また、毎年の全道集会には、これまで行政はもとより地元の商店会、企業の方からのご寄付・協賛広告へのご協力をいただいております。そして、医療講演会の開催は最新の情報提供と、同じ病を持つ地域での仲間の交流のきっかけとなることを目的として取り組んで参りました。

また、94年に「つばさの会」(障害を持つ子と親の会)の発足でクリスマス家族交流会を7回実施、肝臓がん検診受診者への1人3千円の助成金と送迎車のご協力を2003年までいただき、受診継続者には大変な負担軽減となりました。

最近では、支部総会、医療講演会等の実施には、地域のボランティア仲間の心強い応援をいただいております。今後も、難病患者・家族の皆様と共に、より地域に密着した活動を継続してまいります。

このページのメニュー

加盟疾病団体と地域団体

ページの上部へ移動▲

加盟疾病団体と地域団体トップへ戻る▲