一般財団法人 北海道難病連

現在の位置: トップページ > 加盟疾病団体と地域団体 > 標茶・弟子屈支部


加盟疾病団体と地域団体標茶・弟子屈支部

■事務局

支部長 井関枝美(あすなろ会)
事務局長 中嶋幸子(再生不良性貧血の会)
事務局 川上郡標茶町川上10丁目1番地
標茶町社会福祉協議会
電話 015‐485‐2503・FAX 015‐485‐1679

■行事情報(0件)

■地域支部の紹介

1980年11月に数名の会員で歩み始め30年が経ちました。2010年11月に30周年の集いを皆さまのご協力をいただきながら開催することが出来ました。原因も分からず、治療法もないといわれ闘い続ける私たち患者と家族、そして、私たち支部にとって30年は重く長い歴史です。

毎年開催の総会を兼ねた交流会に誘い合って多くの会員と楽しみを共有しています。厚岸の桜を見ながらのカキはみんなの笑顔がはじけ、シーグレス号に乗船し、違った角度から釧路を見るのも楽しく、芝桜満開の東藻琴、そして、きよさと花サミット等など。会員みんなの笑顔が見たいから、道東各地を企画しています。その笑顔の仲間たちが何人も亡くなり、元気だった会員が寝たきりになり、私も30年の歳を重ねました。

私たちは「難病患者・障がい者・高齢者が安心して暮らせる社会」を目指し活動を続けてまいりました。しかし、医療と福祉・社会保障の制度が私たちにはっきりと見えません。でも、私たちは決して屈することなく、困難や要望を訴え続けなければなりません。

私たち一人一人は小さな力ですが、みんなで手を取り合って大きな輪となり訴え続けて行きましょう。

このページのメニュー

加盟疾病団体と地域団体

ページの上部へ移動▲

加盟疾病団体と地域団体トップへ戻る▲