一般財団法人 北海道難病連

現在の位置: トップページ > 福祉機器事業 > 個人情報保護規程


個人情報保護規程

(事業の目的)
第1条
この規程は、個人の尊厳を保つ上で、個人情報の保護が必要であることに鑑み、かつ、医療・保健・福祉・生活・職業等の相談受付の中で知りえる個人情報取扱い上の重要性を踏まえ、一般財団法人北海道難病連(以下「この法人」という。)が保有する情報の適正な取扱いの確保に関し、必要な事項を定めることを目的とする。
(運営の方針)
第2条
この法人の全従事者は、この規程を遵守し、個人情報が第3者に漏洩することの無いように努め、個人情報に関する書類等の保管を厳重にし、目的外に使用することの無いようにすることを方針とする。
(使用の制限)
第3条
個人情報を次の目的外に使用してはならない。
  1. 医療機関・福祉施設・老人施設・在宅介護支援センター等の担当者との連絡調整
  2. 行政との連絡調整
  3. 介護支援専門員との連絡調整。
  4. 商品発注。
  5. 商品の搬入及び搬出。
  6. 行政及び国保連合に対しての請求事務
  7. 契約書・受付票及び提供票の管理
(職員の義務)
第4条
この法人の職員は、難病連の事業に関して知りえた個人情報の内容をみだりに他人に知らせ、又は不当な目的に使用してはならない。
その職を退いた後も同様とする。
(廃棄)
第5条
この法人は、取扱い目的に関し保存する必要がなくなった個人情報を、確実に、かつ速やかに破棄しなければならない。
(個人情報の開示請求)
第6条
この法人は、難病連が保有する個人情報について、当該個人情報の本人から開示の請求があった時は、本人であることを確認の上、それに応じるものとする。
(苦情の申し出)
第7条
この法人は、当該個人情報の本人から個人情報の取扱いについて苦情の申し出を受けた時は、遅滞なく、当該申し出にかかる個人情報取扱いについて必要な調査を行った上で、当該申し出の処理を行い、その内容を申し出た者に書面で通知しなければいけない。
(職員の研修)
第8条
この法人は、全従事者に対し、少なくとも年1度の研修会を実施し、個人情報保護規程について研修をしなければならない。
(規程の提示等)
第9条
この法人は、福祉用具販売及び貸与にかかわる契約を行った利用者に対し、当該規程を提示し、かつ重要事項の説明を行わなければならない。

【附則】この規程は平成18年4月1日より施行する。
     この規程の一部を平成26年4月1日より変更する。

このページのメニュー

福祉機器事業
福祉機器ガイド
福祉機器の紹介
福祉機器事業案内
個人情報保護規程

ページの上部へ移動▲